Skip to content

生理痛を引き起こす原因

女性たちは生理期間に生理痛が起こる状況が多くあります。約3割の女性が毎月に生理が起こるとともに、生理痛を持っていると証明されています。生理痛の発生時間というと、生理前、生理中、あるいは生理後半に発生する可能性もあります。それでは、生理痛の原因は一体何でしょうか?

プロスタグランジンの過剰分泌
生理直前から前半まで、分泌されるプロスタグランジンという物質が急に多くなっています。プロスタグランジンは子宮を収縮させたり、必要ではない子宮内膜を子宮の外に排出する作用があります。それに伴って、プロスタグランジンの過剰分泌は血管を収縮したり、痛みを強めたりする働きもあるため、頭痛、肩こり、腰痛、胃腸の痛み、吐き気の原因にもなるということです。これらの痛みは、一般的には生理が始まったころに起こることが多いといわれています。

未熟な子宮で子宮口が狭い
未熟な子宮で子宮口が狭くて起こる生理痛は若い女性の中によく見かけます。若い女性は子宮がまだ未熟な状態で経血の出口としての子宮口が狭くて経血を排出させるためにプロスタグランジンが過剰に分泌されやすくなるそうです。他には、子宮口が狭い状況も子宮外にベッドをなかなか排出させることができず痛みを感じます。一般的にそういう生理痛は子宮が成熟すれば自然と治まります。

血行不良
身体の冷え、長時間に同じ姿勢、またストレスがたまっている場合も、ホルモンのバランスが崩れ、全身の血液循環が悪くなります。更に長時間に同じ姿勢で骨盤内の血行も鈍くなり、子宮や卵巣が正常に働かなくなり生理痛が発生します。通常、そんな生理痛は生理期後半まで続くことがあります。他には、喫煙も全身の血管を収縮させるため、血行不良による生理痛を引き起こすことができます。

病気で起こる生理痛
生理痛を感じるとき、以上の原因を除いて子宮内膜症と子宮筋腫という病気で痛みが起こる可能性がありますから、注意してください。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です