Skip to content

女性下腹部痛の原因について

女性たちが下腹部痛を感じることが多いと言われています。大丈夫かなと思ってそれらの痛みを重視しない女性が結構多いです。しかし、女性は下腹部痛になったら、いろいろな病気になった可能性がありますから、自分ではわからないうちに発症して徐々に進行してしまい、病気の発見が遅れてしまうケースが少なくありません。それで、ここで可能な女性下腹部痛の原因をまとめて、もし需要があれば、ぜひご参考ください。

(1)子宮筋腫
子宮筋腫とは、子宮の壁にできる腫瘍のことです。子宮筋腫の症状について、下腹部痛と月経過多という表現が多いと認められています。子宮筋腫は成人女性の4人に1人の割合で発症しているとされ、良性の腫瘍だと考えられていますけど、子宮筋腫を放置したまま、妊娠すると流産や早産の可能性が高くなると言われています。

(2)子宮内膜症
子宮内膜症は、子宮内膜や子宮内膜に似た組織が、子宮以外の場所にできて増殖してしまう病気です。子宮内膜症の代表的な症状は強い生理痛と月経過多で、進行すると下腹部痛の痛みの他に、腰痛も引き起こされたり、排便時やセックスのときに痛みを感じたりすることもあります。

(3)子宮外妊娠、また流産
子宮外妊娠とは、子宮内に着床するはずの卵子が子宮内以外の部位に着床している状態のことを指します。女性下腹部痛の場合、妊娠、また流産の可能性もあります。特に出血に加えて激しい痛みがある場合は、子宮外妊娠の可能性が高いと認められています。

(4)卵巣腫瘍
卵巣腫瘍とは、卵巣に腫瘍が出るために、卵巣が大きく腫れる病気です。腫れると下腹部痛を起こします。卵巣腫瘍の主な症状は、下腹部痛のほかに腹部膨満感、性器出血、便秘、頻尿などの表現もあります。

(5)膀胱炎
女性は下腹部痛の場合に以上の子宮や卵巣の病気の原因の他には、膀胱炎になる可能性もあります。膀胱炎の主な症状としては頻尿や尿の時に膀胱が痛む排尿痛、下腹部痛などが挙げられます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です